2009年05月26日 Tweet It!

ベンガル大虐殺

メディアはチャーチルの犯罪について嘘をついている

チャーチルは第二次世界大戦で指導的立場にあったのでわたしたちの英雄である。しかし、チャーチルのおびただしい犯罪、特に第二次世界大戦ベンガルホロコーストはアングロアメリカンとシオニストの虐殺否定者によって歴史から削除されている。この虐殺は1943年から1945年にかけてインドのベンガルで起こった飢饉で、チャーチルによって六百万人から七百万人のインド人が殺された。

元記事

英語ですがチャーチルの戦争犯罪が15列挙されています。
その100年ほど前のセポイの乱でもインド人一千万人以上が殺されているという話を最近訳しました。

http://icke.seesaa.net/article/114129099.html


posted by 狭依彦 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。