2009年06月03日 Tweet It!

パでの米新兵器

パキスタンの部族一帯にに潜んでいるアルカイダの目標に対するCIAの最新兵器として、ミステリアスな「チップ」

CIAはパキスタンの部族民に秘密の電波発信機を取り付けて、北西部族ベルト地帯にいるアルカイダの指導者を見つけて殺すのに役立てようとしている。これは、パキスタンの軍隊がタリバンの中核地域での過激主義と戦うのに、発信機を付ける戦略が助けになるのではないかという。
地域住民やタリバンのプロパガンダによると、CIAはアルカイダやタリバンの司令官をかくまっている農家の近くで、部族民に金を払い電波発信機を埋めさせている。

数時間から数日たって、チップの信号に誘導されて、無人飛行機が飛んできて、ミサイルの一斉射撃で建物を破壊する。
攻撃の結果を目撃したWazir氏によると「あらゆるところに、死体の破片がある」という。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先頃、ビンラディンが
はじめて オバマへの声明をだしたようですね・・・。

グアナモンタナの収容所にしても、
この記事のようなことにしても、
それらよりも、まず なぜビンラディンの犯行声明を流している「アルジャジーラ」を追及しないのでしょうね・・・?



Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年06月04日 08:49
英語版のアルジャジーラを下記のサイトのソフトをインストールすると見ることができます。

http://www.livestation.com/

ちょうど、今、オバマの演説をやっていますが、CNNとよく似ているチャンネルです。
受ける感じは、アメリカのチャンネルというものですね。
Posted by 狭依彦 at 2009年06月04日 20:59
ありがとうございます。

>アメリカのチャンネル

結局は、そんな感じですよね・・・。
Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年06月05日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック