2009年06月04日 Tweet It!

イラン発言

オバマ:イランは原子力発電の権利がある

オバマ大統領が、イランは、今年の末までに同国の強い願望が平和的であると証明するなら、ある種の核エネルギーの権利があるかも知れないとほのめかした。
火曜日に放送されたBBCのインタビューで、大統領は、また、イランが抱いているかも知れない核兵器への野望を捨てるように促すため、イランとの直接外交交渉を求めてゆく計画を再び語った。
イランは、同国の核計画は発電を目的としていると主張している。しかし、米国と西欧諸国の政府は、イランは核兵器を求めていると非難している。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。