2009年06月08日 Tweet It!

名前のない雲

泡立つように不思議なかたちになる。これらの雲は、暗い風景の上に垂れ込めて、まるで強力な嵐の前触れのようだ。
しかし、その雲の姿は驚くべきものであり、よく現れるが、この姿は未だに公式的に認められ、名前を付けられていない。
これらの雲は、スノードニアからスコットランド高地までイギリス全土で、種々の型をしているのが見られる。また、世界の他の地域では、ニュージーランドなどでも見られる。
通常は、嵐を呼ぶことなく、霧散する。

元記事

元記事に写真あります。不気味。たぶん、ケムのせいでは?

昨日ニュースを見ていたら、広島で「日のかさ」という現象が見られたことを報じていた。
NHKで見たのだが、画面にばっちりケムトレイルが映っていた。
読売新聞

他にも「日のかさ」で検索すると、最近よく見られているようだ。

この円形の虹、ケムボウだと思うのですが、どう?
ケムボウとはケムトレイルの雲の周辺部で、虹のように光を発すること。

また、昨日の夜は、満月に近い月の前を横切って、ケムをまいていた。
誰かさんが発狂して、ケムの飛行機を撃墜してくれないかなぁ……


posted by 狭依彦 at 22:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その元記事の雲の方、不気味ですね。
もしほんとうだとしたら、地元の人達 みんな驚いたりしてないのでしょうかね・・・?
「地震雲」とでも思ってるのかな・・・。
Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年06月09日 08:24
http://www.maxisciences.com/spirale/un-mysterieux-phenomene-lumineux-appara-t-dans-le-ciel-nocturne-norvegien_art4860.html

これはなんなのでしょうね?ノルウェイだそうですが。
新型花火ならいいんですけど。
Posted by at 2009年12月11日 21:05
記事あります。
Posted by 狭依彦 at 2009年12月11日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。