2009年06月08日 Tweet It!

マヤの森の聖なる植物

中央アメリカの熱帯雨林には宝物が隠されているが、そのうちいくつかは消え去ってから一世紀以上たとうとしているマヤによって明らかにされている。
マヤの芸術に描かれている大きな木や美しい花の研究によって、それらが神聖なものであったことが明らかとなった。
これらの芸術はマヤの古典時代に作られたが、非常に正確なので、これまで薬効が知られていなかった植物を研究者が見つけるのに役立っている。

元記事

元記事に3つほどその例の画像があります。


posted by 狭依彦 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。