2009年06月09日 Tweet It!

ダライラマの真の姿

ダライラマは、自分は平和の人だと言っているが、本当にそうなのか?
もしくは、ダライラマは、先輩のジム・ジョーンズのようなものか。ジョーンズもまた、「聖なる人」「平和の人」と崇められたが、フランスのガイアナで信者全部に毒を飲ましてしまった。
権威あるドイツの雑誌や、日刊紙、そのほかのメディアで、最近、ダライラマが演じているのとは全く違う人であることが暴露されてきている。

元記事

あやしい記事ですが、いろいろな写真があります。
麻原さんと一緒の写真も載っています。
また、ハインリヒ・ヒムラーと関係があったようです。


posted by 狭依彦 at 23:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 現代宗教・予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナチスとチベット密教のつながりは、
アイクもよく伝えていましたね。

ところで、麻原氏と一緒に写ってる写真の
となりのヒゲを生やしている人物の写真も、ダライラマなのでしょうか?
Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年06月10日 08:21
そのようです。
麻原は約百万ドルをダライラマに寄付したそうです。
また、麻原はアドルフ・ヒトラーの信奉者ということになっていますね。本当?
Posted by 狭依彦 at 2009年06月10日 20:07
>アドルフ・ヒトラーの信奉者

初めて知りました。
捕まった当初、よく ニュースでロシアの武器を密輸してた情報を見かけた記憶はありましたが・・・。
あの地下鉄サリン事件も、事件直後
アメリカあたりの軍かどこかの研究者達が、地下鉄の中を詳細に調べていったのをニュースで見た記憶があります・・・。
 
Posted by それでも、地球と人類を愛した者へ at 2009年06月11日 08:25
ラーマ法王はいい人なんだろうと思いますが、たぶん宗教って全てインチキ?
と思えてならない今日この頃。

宗教を否定したからといって、(本当にいたかもしれない)聖人を否定する事にはならないのですものね。これを混同させるのが分割統治のうまいやり方だったんですね、、、。
幾重にも張り巡らされたトラップがジャンジャン暴かれる今日この頃。
Posted by kanchama at 2009年06月18日 09:29
本当に何がトラップか分からない時代に入ったようですね……
Posted by 狭依彦 at 2009年06月18日 22:03
ダライラマ氏は反捕鯨エコテロリスト、シーシェパードの代表者(本国アメリカでも危ない人で有名)と写真を撮っていてそれをSSは事務所に飾っています。世界的平和の象徴みたいな人に寄付して見方につけたのかもしれないが、ダライラマ氏も公で反捕鯨を宣言している。ますます捕鯨をネタに日本は批判の的となる恰好に。少し残念だな。
Posted by ai at 2010年05月05日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。