2009年06月21日 Tweet It!

キャッシュレス日本

キャッシュレスの制御グリッドが現実に近づいている

日本の中央銀行家たちが現金の廃止を検討している。
タイムズのオンライン版の記事では、マックォーリー銀行の上級エコノミストRichard Jerramは投資家に次のように語った。「この計画は日本では電子マネーとクレジット・カードが広く普及しているので現実的である」という。
銀行家は、この計画はさらなるデフレーションのスパイラルから日本経済を救うだろうと言っている。

何十年にもわたって、日本は、デフレーションと戦う方法として、「量的緩和」すなわち無からお金を印刷することを行ってきた。
デフレーションが経済に悪影響を与えるのは、価格がさらに下がるのを待って、消費者が購買の決心をひるがえすからである。
エコノミストは、日本の場合、日本経済をデフレーションから「救う」には、名目金利マイナス4パーセントが必要だろうと言う。

東京三菱銀行のあるストラテジストによると、日本は物理的な不換紙幣からキャッシュレスの数字への「過激な」移行の「実験場」になるだろう、この計画は「経済のSFの領域」であるという。

元記事

銀行家はインフレが好きなので、インフレにしてから、この「計画」を実行するのでは、とのことです。

私は、自分の家の貯金の価値が大下がりすることを危惧しています。
「彼ら」はそれをしないはずがない。


posted by 狭依彦 at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。