2009年06月25日 Tweet It!

オバマは反イスラエルか?

ロスチャイルド・シオニストのリーダーが「オバマはイスラエルに対して最も敵対的な大統領である」と非難した。
この人は、米シオニスト協会の理事長、Morton Klein氏である。

クレイン氏は、「オバマ大統領はイランの社会を民主主義人権を守る社会に代えるために戦っている抗議者たちを支援するべきである。しかし、大統領はイスラエルのことには口をつっこみ、要求をしているが、イランの政策に介入するのは拒否している」と言う。

アイク
イスラエルに対して最も敵対的な大統領?ハァーン。
ホワイトハウスの側近やアドバイザー、ラム・エマニュエル、デーヴィッド・アクセルロッド、両方とも過激なロスチャイルド・シオニストではないのかい?
大統領の「経済チーム」の中心人物は過激なロスチャイルド・シオニストではないのかい?
ヘンリー・キッシンジャーは?
クレイン氏の話は、ひどい戯言だ。
このコメントはオバマ氏がロスチャイルド・シオニストの操り人形であることを隠そうと企まれたものだ。


元記事

民主主義と人権ときたら、ちょっと鼻をつまむのがよいかも?




posted by 狭依彦 at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政治的にも軍事的にも敵対させて、殺し合いをさせる目的ですね。
なによりも先に「非難」があるのはそのためでしょうね。
Posted by はろるど at 2009年06月26日 12:12
オバマのスタッフについて気になる人はいないのでしょうね。キット?
Posted by 狭依彦 at 2009年06月26日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。