2009年06月29日 Tweet It!

土星の象徴

企業ロゴの中のオカルト象徴:土星崇拝

みなさんは知らないでしょうが、世界中で数千年もの間土星崇拝が行われていたのです。この儀式は止めることなく続けられており、今日でもその儀式は健在なのです。
土星は「ロード・オブ・リングス」とも呼ばれていますが、皆さんが結婚式で指輪を交換するのも、神々しい人たちの頭に光輪があるのも、土星の性質ゆえです。
この記事では神である土星の特性と、土星の儀式が企業のロゴに広く見られることを明らかにします。

(1)セム文明では土星の神を「EL(エル)」として崇めた。
至高の神性は黒い立方体として表されている。

(2)古代ヘブライでは土星を六ボウ星として描いている。

(3)秘教研究者の多くが、Is-Ra-El(イスラエル)という名前は、古代の異教の神々、Isis、Ra、Elから来ていると確信している。

(4)土星はサタンと関連して語られる。その理由は。
1.Satanサタンという単語はSaturnサターンから来ている。
2.土星は黒という色に関連つけられるが、サタンも同様だ。
3.土星は太陽から最も遠い惑星だ。太陽は善と関連つけられることがあるが、太陽から最も遠い土星は、太陽の聖なる光を浴びることが少なく、悪魔の冷血を連想させる。

元記事

元記事に画像があって、私達のよく知っているのもあります。


posted by 狭依彦 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。