2009年06月29日 Tweet It!

魂をローンの担保

ラトビアの企業がローンの保証として魂を受け付ける

ラトビアの金融会社が、他の何物でもなく自分の魂をローンの担保とするよう、住民に提案している。
KontoraというRigaにある会社は、クレジット歴とか雇用証明とかを要求しない。
同社は顧客が非常に短い契約書にサインをすれば100ドルから1000ドルのローンを認める。
契約書によれば、借り手が唯一要求される担保は、借り手の魂である。契約時に、それ以前に魂を抵当にしていないか確認される。

元記事

何か、似たことが、私達の国でも流行らないかな……
そんな予感。
でも、魂は売っちゃいけませんよ。
あなたにも、ちゃんとあるのですから。


posted by 狭依彦 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。