2009年07月02日 Tweet It!

ロックフェラーと保健システム

ロックフェラーがアフリカ、アジアの保健システムを強化するイニシアティブをとる

水曜日、ロックフェラー財団は米ドル1億ドルを拠出してアフリカとアジアの保健システムを強化する援助を開始した。
ナイロビでの記者会見での演説で、財団の委員長Judith Rodinは、THS(保健システムの転換)を立ち上げることは、良心的で誰でも使える質の高い保健システムが世界的に必要であることを語った。

ロディン氏の話では、THSを立ち上げることで、保健システムという仕事を担うために、治療とワクチンという体制から低所得の国々に対して情報を与えることへ重点がシフトすることになる。
ロディン氏によると、最終目標は健康保険を拡大し、全員に新しい健康と財政保護を提供することだ。

元記事

分かりにくい話です。予防と称してワクチンを注射しまくることがロックフェラーの仕事ではないのですかね?


posted by 狭依彦 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。