2009年07月07日 Tweet It!

ミステリー・サークル

クロップ・サークルで翼の生えたヘビ

元記事

元記事に画像あり。
ミステリー・サークルで、南アメリカの古代の像がとりあげられています。
ミステリー・サークルはイギリスの地方の伝統芸能だと私は信じていますが、なかなかすごい図柄を採用していますね。

翼の生えたヘビ=ドラゴン=竜は気象を司り、雨風を起こして人を苦しめている(このサイトの右メニューにある『霊界物語』宣伝歌)ということですが、今の私たち、まさにレプはそのことを現実にやっているのでは。


posted by 狭依彦 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。