2009年07月08日 Tweet It!

ポーランド鳥ワクチン試験

ポーランドで鳥インフルエンザワクチンの試験でホームレスの人たちが死亡

北方の町Grudziadzの医療関係者が、昨年、ホームレスや貧困者350人で薬品の試験を行ったことで捜査を受けている。これには、高い伝染性を持つウイルスに対しての未試験のワクチンを使ったことも含まれている。
当局は、被害者の人たちは見た目は普通のインフルエンザワクチンの被験者となることで1,2ポンドを貰っていた。しかし、そのワクチンは、実際は鳥インフルエンザのワクチンであったようだ。

ホームレスセンターの新聞発表では21人が死亡している。

元記事

恐ろしい話です。


posted by 狭依彦 at 21:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NAZI(国際ジオニスト)の
人体実験ですね。

英語読めないんでドンドン
こういう記事お願いします。

応援します
Posted by 77 at 2009年07月09日 18:59
ポーランドという国、私達のイメージと違っているかも知れませんね。
Posted by 狭依彦 at 2009年07月09日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。