2004年12月08日 Tweet It!

物よりも心を徹底的に調べること

 デービッド・ハミルトンは、健康を増進する心の力を信じるように人々を激励するセミナーを主催し始めました。
 彼が、主な製薬会社の有機化学者として働いていた時、人間の精神の力についての探求が始まった。
 癌からの自発的な回復についての最近の研究で、確信することが根本的に状況を変えることが、回復の共通の要因であるように見えた。ハミルトンは幸福のような感情がDNAを変更することができると信じます。
 驚くべきことは、最近の科学的な考えが進歩して、彼の理論に整合する見えるのです。 その、例として、ハミルトンは、エリックKandel(この人は社会影響によって遺伝子を切り替えることができる方法へ、仕事を上に開拓するか離れて開拓して実行した。2000年のノーベル賞の共同の受賞者)の仕事を引用します。Kandelの結論は、遺伝が完全に親の遺伝的体質を受け継いで組み入れられたのではなく、社会と条件付けによって影響を受けるということです。
 ハミルトンは「私たちの遺伝子の約99.9パーセントは正確に同じです。私たちの間の違いは私たちの遺伝子のスイッチが入れられるかどうかによって決定される」と言います。 精神病質者-neuro-免疫学と呼ばれる医学の分野があります。biologichemicalなコンポーネントがそのとき考えと感情によって影響される場合、考えと感情はさらに私たちのDNAに影響するに違いありません。
 さらに、彼は、母親との触れあいを奪われたものの中で2つの別個の成長ホルモンのスイッチが切られることを示した、ネズミや子犬に関する有名な科学的な研究を引用します。協力して働くことによって、愛と親切が健康に肯定的な効果がありえるという証拠、ハミルトンは、人々を自分の治癒力をより知っているようにすることを望みます。

http://news.scotsman.com/scitech.cfm?id=1386262004


posted by 狭依彦 at 18:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 霊界・精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近 ふと思ったのですが、
人間にあるといわれている
「磁気エネルギー」による人と人とのつながりを
もし磁石で例えるとするなら、もしかしたら その磁力の基準って
肉体の距離ではなく、
「思いや気持ち」といった
精神的な強さや大きさ、弱さや小ささではないでしょうか・・・?

つまり、磁気エネルギーで引かれあうことに人と人との縁があるとするなら、
例え「その人」と「その人」の今いる距離は、
肉体的には 例えば
「北海道(N極)」と「沖縄(S極)」に離れていたとしても、
お互いの「思う気持ち」が大きければ強ければ、どんなに離れていても「ピタッ」とくっつくし、
逆に どんなにそばにいても、
「思う気持ち」が小さければ弱ければ、
その「すぐそば(N極)」と「すぐそば(S極」はくっつかない・・・。

もちろん、これはあくまで潜在的というか根本的なことではないのかな?ということであって、
どんな関係やどんな感じ方でも自由だし、
どんな形でどんな人を選ぶかも もちろんその人それぞれだと思います。

その人を想ったり逢ったりするとドキドキするとか、その人と一緒にいるとホッとするとか・・・


ただ、あくまでも肉体的な部分や場所(距離)的な範囲にばかり捕らわれると、
色んな意味で 人間もったいないと思うので・・・。
Posted by エコエコアザラク B−Page at 2008年10月06日 15:51
霊衣=オーラってやつかも知れませんね。それが、磁気エネルギー。
Posted by 狭依彦 at 2008年10月06日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。