2009年07月16日 Tweet It!

エリート告訴女史仕事クビ

ジャーナリストJane Bürgermeisterがパンデミック・インフルの訴訟で会社をクビになった

オーストリアのジャーナリストJane Bürgermeister女史は、WHO、国連、政府首脳数人、バイオテロに関する企業の上層部に対する告訴をFBIに起こしたが、Renewable Energy Worldウエブサイトのヨーロッパ記者の職をクビになったという。彼女は、それを予期していなかった。

被告としてあげている名前
Barack Obama
David Nabarro(国連Influenza coordinator)
Margaret Chan(WHO director)
Kathleen Sibelius(HHS secretary)
Janet Napolitano(DHS secretary)
David de Rothschild 、David Rockefeller
George Soros(国際犯罪ファイナンサー)

Sorcha Faalという名前で、Bürgermeister女史を貶める記事を書いた人があり、彼女はそれに苦しめられている。
Sorcha Faalの文章には、Bürgermeister女史のバクスターに対する告訴と、マイケルジャクソンの死とリンクさせているウソがあり、医者さえもがメールで確認してきて困っているという。

元記事

訳がちょっと自信がないですが、告訴はFBIに持ち込んだものらしいです。合っているかな?
この訴訟、普通は受け取られるはずがない信じられないものです。
勇気なのか蛮勇なのか、それとも……
この記事を読む限り、慎重に判断する必要がありそうかな?


posted by 狭依彦 at 22:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも貴重な情報発信をありがとうございます。

Jane Bürgermeisterを取り上げているデーヴィッド・アイクの「危険なのはインフルエンザではなく、ワクチンだ」の全文を翻訳しましたので、お知らせします。

http://tamekiyo.com/vaccine.html
Posted by 為清 at 2009年07月29日 00:42
ヘッドラインの最初の方にあるやつですね。
皆さんも、読んでみてください。
Posted by 狭依彦 at 2009年07月29日 23:14
為清さん、翻訳ありがとうございます。

アイクの情報に関しては やっぱりここが一番来やすいですし、数か月前までは アイク日本版の太田さんのところもあったので、
もう久しくアイクのサイトには行かなかったのですが、久しぶりに見たら やっぱり日本語訳は訳わかりません(T_T)(Barack小浜?笑)

狭依彦さんや為清さんの訳のありがたさを感じました・・・
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年07月30日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。