2009年07月25日 Tweet It!

ファイザー社

Pfizer社が薬品テストでナイジェリアの子供を殺したことへの賠償として数千万ドルを支払う。

Pfizer社が薬品テストでナイジェリアの子供を殺したことへの賠償として数千万ドルを支払う。

巨大薬品企業Pfizer社がナイジェリアの親が同社に対して起こした集団訴訟を解決するため7千5百万ドルを支払うことに同意した。この訴訟は、同社が合意のない無許可の薬品テストの実験動物として原告の子供たちを使い危害を加えたというもの。

Pfizer社は200名の子供たちを雇い、その中の11名が死亡、他の子供たちも脳損傷、内蔵不全や重大な副作用を受けたという。

1996年にファイザー社は、ナイジェリアのKanoで髄膜炎、コレラ、はしかなどの疫病が発生したとき、研究チームを現地に派遣した。
研究チームは国境の無い医師団が無料で治療を行っている医療ステーションのすぐ近くにテントを貼り、無許可の薬品テストを行うために、200人の子供を雇った。
子供の親は、すぐ近くで効果が実証された薬品が配られていることは知らされず子供たちは抗生物質Trovanの薬品テストに使われた。Trovanは動物実験で肝臓や間接に損傷を与える可能性が指摘されていた。

元記事

ファイザー社(WIKI日本語)

巨大薬品会社、どこも同じようなことをやっているのですね。

医学衛生完備して、悪疫ますます蔓延し(『霊界物語』)


posted by 狭依彦 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。