2009年07月26日 Tweet It!

Active Denial System

マイクロ・ウエーブの武器が空から苦痛を雨のように降らせる

致死性のない群衆コントロール兵器への米国防総省の熱望は、航空機から発射できるマイクロ・ウエーブによる痛みを起こさせるシステムを開発するという決定に拍車をかけることになったようだ。
この装置は国防総省の賛否両論あるActive Denial Systemの拡張と言える。マイクロ・ウエーブを使い、皮膚の表面を熱し、火傷を伴わずに痛みの感覚を与えるため、目標物(群集)に逃げようとする気持ちを強く起こさせる。
Active Denial Systemは2001年に発表されたが、法的な問題と安全性の懸念から開発はされていない。

元記事

マイクロ・ウエーブって電子レンジで使われているやつですよね。
確か携帯もそうですね。


posted by 狭依彦 at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。