2009年08月01日 Tweet It!

南オセチアで小競り合い

南オセチアがグルジア領から砲撃を受ける

コーカサスでの軍事衝突から1年が過ぎたが、紛争が再燃する懸念がある。
南オセチア当局は、同共和国の首都Tskhinvalがグルジアの村からの攻撃を受けたと言っている。
報道では、夜間に砲弾が2発約5キロ離れているグルジアの村Nikoziから発射されたという。幸運にも、けが人は出なかったとオセチア自衛軍はインターファックス通信に語った。
この話の前には、グルジアと南オセチア国境で1人死亡、数人が負傷したという報道があった。

元記事

大戦が起こるなら、この地域も発火点の一つだと、私は信じています。


posted by 狭依彦 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーカサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。