2009年08月01日 Tweet It!

ロックフェラーとユダヤ

ロックフェラーはユダヤ系か

筆者:Willie Martin

ロックフェラー家がフランスで多額の資金を相続した方法について知られている情報はない。
その金はロスチャイルドから受け取ったとか、ロックフェラーはアメリカでキリスト教徒の事業を買い占めるためのロスチャイルドの代理人であったという話は一部にある。
「マラノ」は事業取引でキリスト教徒を騙すためにキリスト教に転向したことを「見せかけている」ユダヤ人で、実は秘密裏に私的な儀式ではユダヤ教を実践しているという話がある。

こういったわけで、ロックフェラーのようなマラノ一族はフランスロスチャイルド家の完全な道具となり、数世紀にもわたって彼らの仕事を遂行させる秘密エージェントとして使われたのであろう。

Malcolm H. Stern著 "Americans of Jewish Descent" はユダヤ人だけに販売された本であるが、その中にロックフェラーの名前があった。

マラノ一族はスファラディユダヤ人で、1492年のスファラディユダヤ人追放まではスペインにいて、それからトルコに移った。その後、フランスに移住。

アメリカの選挙では通常ユダヤ人はキリスト教徒を応援しないはずだが、ユダヤ人はロックフェラーを応援していた。

この文章の著者は、この情報について真偽は分からないとしている。

元記事

1938年にオープンしたエルサレムのロックフェラー博物館
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en|ja&u=http://en.wikipedia.org/wiki/Rockefeller_Museum&prev=/translate_s%3Fhl%3Dja%26q%3D%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%25E5%258D%259A%25E7%2589%25A9%25E9%25A4%25A8%26tq%3DRockefeller%2BMuseum%26sl%3Dja%26tl%3Den

そう言えばモディリアーニもスファラディ・ユダヤ人だったのですね。
キリスト教徒に転向していればユダヤ人としての記録は残っていないはずだと思うので、やはりユダヤ教徒だったのだろうか?


posted by 狭依彦 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | NWO・秘密結社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。