2009年08月03日 Tweet It!

人類最初の居住地

南アフリカの古代遺跡

アフリカ南部の中心地域に、失われた古代文明の証拠が散在している。そこでは、人々が建てた2万余りの石造構築物がある。
これらの驚異的な意識は、これまで地球上に建てられた最大の連続している石造の居住地を構成している。遺跡は南アフリカ全土を通りケニヤを越えて数千キロにわたって広がっている。

これらの構築物には、住居、とりで、寺院、道路、灌漑システムや農業の段地などがある。

アフリカで最初の人類が発生しているようであるし、これが、人類最初の居住地跡か?

元記事

元記事の最初の写真、太陽を拝む石はアダムのカレンダーという名前が付けられているようです。
サイト上部のメニューから、いろいろな写真を見ることができます。
丸い建物の跡らしい写真が、「石造の居住地」というのにあたるのでしょう。


posted by 狭依彦 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。