2009年08月06日 Tweet It!

瓶の草原:ラオス

ラオスのThe Plain of Jars(瓶の草原)はイマジネーションを書き立てる材料がある。
神秘と神話につつまれ、陰謀と悲劇に彩られて、ここは古代のシリンダーが何百も集まっている奇妙な風景だ。
この石造物は2000年以上前のもので、ラオスのストーンへッジだと言う人もある。

Plain-of-Jars.jpg

この北ラオスのXieng Khuangは現代でも、ベトコンの浸透を防ぐために、アメリカが集中爆撃した場所だ。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとやりたい放題だな。「人んちのものを勝手に壊すんじゃない!」と毎度毎度思います。「列強インチキ集団」にとって好ましくなかったんだろうな。今だに不発弾が沢山眠っていておちおち歩けないそうですね。
Posted by kanchama at 2009年08月10日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。