2009年08月10日 Tweet It!

子供は環境に悪い

ニューヨーク・タイムズ:子供を持つことは環境に悪い

子供を持つことで、確実に、私達のカーボンの足跡(carbon footprint )が急上昇する。これは、オレゴン州立大学の統計学者の最近の研究によるものだ。
研究によると、子供を一人持てば、他のエレルギー節約行動をずっと上回るインパクトを環境に与えるという。

例えば、アメリカの一人の女性が、より燃費の良い車に変えて、運転を控え、リサイクルを行い、電球を効率的なものに変えて、冷蔵庫も買い替え、窓も省エネモデルにしたとしよう。
研究結果では、その女性が、子供を二名持つなら、女性のカーボンの遺産( carbon legacy)は結局、女性がこれらのグリーン行動でセーブしたものの40倍近くにも増えてしまうという。

元記事

この記事が、ニューヨーク・タイムズの記事であるところが問題となっています。

カーボン・フットプリント、カーボン・レガシーは私達の肉体がこの世に生きた名残ということでしょう。
いやな用語の使いかたをしますね。
日本でも、学者さんが「上手く訳して」はやらせるのしょうね……


posted by 狭依彦 at 22:32 | Comment(7) | TrackBack(0) | 環境・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何という、悪魔主義丸出しなことを言うのか…
Posted by at 2009年08月10日 22:39
今後「子連れ」に冷たい世の中にし、多岐に渡る目的を果たすつもりだろうが、、、。
最終的に子供のピュアな魅力には勝てないと思う。

そういう発表をする側の、大豪邸に住み、リムジンでご出勤の面々こそが環境に悪いと思うがね、、、。ジェットセッターとか。

そろそろ前時代的な悪徳爺さんどもには人間界からお引取り願いたいですね。それがカーボンなんたらを減らすのに貢献するのではないかな?

それにしてもまだ世間は温暖化ビジネスに気づかないのか?
Posted by kanchama at 2009年08月11日 22:05
>最終的に子供のピュアな魅力には勝てない

僕もそう思います。
特に、最近の子達は
何事にも「無関心」世代と言われた僕らの若かりし頃とはちがうような・・・(笑

でも、イルミというか支配層が
狭依彦さんがよく言っている「金儲けではない目的」を常に達成させようとしているとしたら、金儲けじたいは あくまでも「仮の姿」だったりして・・・。

ほんと、暑いところは相変わらず暑いようですが、
涼しいところは 確実に平均気温が下がってきてる気がします・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年08月12日 13:30
自分らが富を独占する=庶民を自由にさせずに支配する、訳ですからね、、、。おいしい立場だよなぁ、、、ホント。庶民は賄賂なんて乱発できんもん。

こういう悪魔的思い付きを実行しようとするのって「年配イルミ」って気がする。野蛮世代。「我よし、身内さえ良ければ後はどうとでも、、」って人が、平民にも多いような気が、、、。時代の空気、かな。

Posted by kanchama at 2009年08月13日 09:46
>「・・・身内さえ良ければ後はどうとでも」って人が、平民にも多いような気が・・・

僕も、そう思います。
そういいながら、僕もそんなとこあるかもしれませんが・・・(笑

次世代のイルミの血統の人(?)達あたりって、どう思ってるのでしょうね・・・。

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年08月13日 15:49
リンクがあったのできました^^
足跡のこしていきます

暑いのでエアコンで引きこもりしてます><
Posted by エコワットS_S_D at 2009年08月16日 21:57
次世代イルミ、、。知り合いがいないから良く分からないけど、俗世とも交流しますからね。留学とか。もう少しマイルドなんじゃないかしら?と思いたい。
Posted by kanchama at 2009年08月21日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック