2009年08月10日 Tweet It!

空飛ぶ蛇

アメリカを恐怖に陥れた、空飛ぶ蛇。

(1)1833年、インドネシアスマトラ島。
現地人が宣教師に空飛ぶヘビを見たと告げる。この宣教師もヘビを見て、報告した。長さ1.2メートルで羽はなかった。
南、東南アジアには5種類の空飛ぶ蛇の種があるという。

(2)1873年、テキサス州で、電信柱程度の長さのヘビが目撃される。
カンサス州のFort Scottでも、その目撃後、同月に、太陽を取り巻くくらいの、巨大なヘビが短い時間目撃されたという。
これはニューヨーク・タイムズにも取り上げられた。

(3)1887年、アイオワ州ベッドフォード近郊で幅30センチのヘビが目撃される。

(4)ミゾーリ川の汽船で1857–58年に、船の上空に浮かんでいる巨大な蛇が目撃されている。低い雲を巻き起こし、火を吐いていた。

元記事

一部だけ紹介しましたが、元記事では、巨大なヘビ、空飛ぶ蛇の目撃例が沢山書かれています。


posted by 狭依彦 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神秘・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。