2009年08月20日 Tweet It!

英看護士1/3ワクチン拒否

イギリスの看護士が豚インフルワクチンの接種を拒否

世論調査によると、3分の1程度のイギリスの看護士が豚インフルワクチンの注射に「ノー」と言うだろうという。その理由はワクチンの安全性にあるという。
国民保険サービスの職員が、ワクチンを接種する最初になるが、1500名の看護士に調査を行ったところ、多くが接種を拒否するだろうという。
昨夜、政府の学者がその結果を受けて、ワクチン接種を受けない看護士は患者にリスクを与えると非難した。

元記事

この元記事も、2流までには入る新聞だと思います。
よく知らないのですが、日本ではどうでしょうか?
ワクチンが足らないのではという心配の声だけでしょうか?


posted by 狭依彦 at 21:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだそうだ。NOと言うんだ。
日本は、、、あんまり聞きませんね。
今「新型インフルは怖い怖いキャンペーン」にテレビが一生懸命になっているのは知っていますが、、、。
Posted by kanchama at 2009年08月21日 15:07
今日、紹介しますが、イギリスではモット怖いキャンペーン!
Posted by 狭依彦 at 2009年08月21日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック