2009年09月01日 Tweet It!

中国のピラミッド

中国のピラミッドはエイリアン来訪の証拠だ


大きな地図で見る

世紀の最初に、オーストラリア商人が二人中国の中央部にある四川の広大な平原を旅行した。そこで、商人たちは100以上のピラミッドを発見した。
オーストラリア人は地元の修道院の責任者にピラミッドについて尋ねたら、これらのピラミッドは「大変古い」という返事が返ってきた。
ピラミッドの最初の記録は、5000年以上前に書かれている。だから、ピラミッドはそれ以上に古い可能性が高い。

オーストラリア商人は、また、これらのピラミッドは太古のエンペラーによって統治されていた時代に属するということを発見した。エンペラーたちは地球外文明の存在を信じていたのだ。
さらに、エンペラー自身が「鉄の龍に乗って地球に着陸した空の息子」の子孫であると主張していた。
エイリアンがピラミッドを建設したと言われている。

元記事

この地域は西安です。
元記事によると、地図の右側に小さなピラミッドがあります。
また、乾陵がピラミッドであるという記事もあります。
http://icke.seesaa.net/article/118274945.html

なお、この乾陵はGoogleで検索した結果、このピラミッドの場所とは違うことが判明しました。
この場所は、詳細地図がなく、もしかしたら重要地域かも知れませんね。


大きな地図で見る


posted by 狭依彦 at 21:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元記事によると、下の画像のホワイト・ピラミッドの近くに、宇宙開発センターがあるようです。
Posted by 狭依彦 at 2009年09月02日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。