2009年09月03日 Tweet It!

ファルージャの赤ん坊

イラク・ファルージャの障害赤ん坊の真実

障害を持った赤ん坊の増加は米軍による化学兵器の使用と関係しているのではないかとの懸念が広がっている。

問題は広く、腹部の異常から顔の変形までいろいろある。

医師Ahmed Uraibiはファルージャの小児科専門医であるが、昨年は、同医師が取り扱った障害を持った赤ん坊の数が増えているという。

ファルージャの人たちはどれくらいの障害を持った赤ん坊が生まれれば、人々が立ち止まり子供たちについて考えを巡らすか知りたいと思っている。

元記事


元記事には、障害を持って生まれ、生き、苦しみ、両親の前で死んでいった女児の話があります。読んでいて、悲しくなりました。

ファルージャは米軍によって、ひどく攻撃された町ですね。劣化ウラン弾も使われたのでは……


posted by 狭依彦 at 22:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | ファルージャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、その子はずっとお母さんがついていてくれたのですね・・・。

「無脳症」の赤ちゃんあたりは、あまりにも自分の子供の姿が信じられなくて、お母さんに見捨てられる赤ちゃんもいるとか・・・。
僕は、間違いなく「劣化ウラン弾」の影響は否定できないと思いますし、これからその被害は、使われた後もますますひどくなるような気がします・・・。

http://www.ne.jp/asahi/aso/eco/NoWarNoDU/kids/kids.htm
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年09月04日 08:36
ファルージャも確か、当時、ニュースで爆撃の模様を戦闘機目線で見たような覚えが(違うかも)
こんな事実が明らかにされると、ファルージャも悲しい意味で人々の記憶に残るのでしょうね。
Posted by 狭依彦 at 2009年09月04日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。