2009年09月08日 Tweet It!

カルザイ大統領の得票

ハーミド・カルザイ大統領が反対派の砦で投票総数の100パーセントを獲得

アフガニスタン南部のShorabak地方では、先月の大統領選挙のちょっと前に、部族の男が集まって、どの候補者を支援するかを話し合った。論議の末、ハーミド・カルザイ大統領の政敵の一番手であるAbdullah Abdullahを支援することに決まった。

部族の指導者たちは、アブドラに一方的な勝利をプレゼントしようと準備していたが、しかし、それは実現しなかった。
部族長の話では、大統領の兄弟でありカンダハール地域の委員会の委員長であるAhmed Wali Karzai氏が、同地方の知事を拘束して、選挙の当日に同地域の46の投票所をすべて閉鎖した。

この投票箱は地域本部に運ばれ、地元の警察官の投票を詰め込まれたと部族長たちは主張する。
そして、全部で23,900票が首都カブールに送られることとなった。すべてが、カルザイへの投票であった。

元記事


むき出しの権力。
カルザイ氏が何者であるかを示す、なかなか分かりやすい話ですね。
そこにタリバンがからんで、ワンダーランド状態なのでしょう。


posted by 狭依彦 at 23:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く「こら!」という感じ。あまりの事に投票やり直しになるとか。
Posted by kanchama at 2009年09月10日 00:13
そうです。
国連の選挙監視委員会から、投票数の再カウントの命令が出たのでした。
Posted by 狭依彦 at 2009年09月10日 07:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。