2009年09月14日 Tweet It!

子宮頸がんワクチン被害

2000人の女子生徒が子宮頸がんのワクチンでの副作用と思われる症状に苦しめられている

女性がガンを発症することを防ぐ計画の一部として学校で少女たちがワクチンを注射されているが、医者の報告によると、12から13才の少女が、けいれん、熱初、マヒなどの症状を訴えているという。
また、吐き気、筋肉の弱体化、目まい、視界がぼやけるなどの症状に苦しんでいるという。
これらは、薬品安全監視機構がまとめた特別報告書による。

元記事

イギリスではこのワクチンは強制で女子生徒に注射されています。
この病気は性病で、性交によってうつるので、男子学生にも注射せよという話もありました。

なお、生徒によっては、大変重症で、若年健忘症のようになっていますが、「ワクチンとの因果関係」は、当局は認めていません。
「少々副作用はあるかも知れないが、トータルとして、女性の命を守る」なんていう声明を、「権威ある」学者は出しているようです。

そう言えば、日本でも新型インフルの臨床試験を子供を使ってやるそうですが、「子供もしくは保護者」はどのように説明を受けているのでしょうかね?
posted by 狭依彦 at 23:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本はワクチンの強制、しないで欲しいですね。希望者を募ってからまとめて買ったらいいのに。

見込み買いで想定外に余ったから、もったいなくて、元取りたくて、無理に打たせるという乱暴さ。政府ってバカなんでしょうか。
Posted by kanchama at 2009年09月16日 13:15
子宮頸がん抑止に本腰 厚労省、ワクチン承認へ

9月28日7時56分配信 産経新聞

↑日本でも、、でしょうか。
Posted by たけし at 2009年09月28日 16:40
このワクチン「効果」があるみたいですね。
これについての記事を訳した時に、省略した部分に、17歳の女の子が酷い目にあったところがありました。
Posted by 狭依彦 at 2009年09月28日 21:20
先週1回目のワクチン接種を受けました。
あと2回接種しなければいけないということで、予約をいれてきました。
患部が赤く、硬くなり、微妙に力が入りにくい?
そしてだるい・・・
これも副作用でしょうか?
1回1万4千円、合計4万21千円。高いけどこれで20年効果があるなら、安い?
Posted by はいねこ at 2010年02月25日 12:28
高いのですね。
Posted by 狭依彦 at 2010年02月25日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。