2009年09月26日 Tweet It!

ワクチン接種とMチップ

アイクのニュースレターより

私たちを行かせるものは誰もいない

……だから、急ごう

大量ワクチン接種の要点はナノテクノロジーのマイクロチップを埋め込み、精神的、感情的そして物理的に肉体を永遠に操作できるようにすることだ。また、それには特定の個人を暗殺したり、大量絶滅を引き起こすいわゆる「死のチップ」もある。

「パンデミック」がでっち上げられた大きな理由は、このチップを埋め込むためであるという証拠がどんどん集まってきている。
新ドイツ医学と名づけた自らの独特なアプローチでドイツ医学会の権威者たちと対立しているRyke Geerd Hamer博士はオーストリアのウイーンで後援を行ったときの経験を語っている。

博士によると、聴衆の一員のある女性が、ウイーンの薬品会社に勤めている友人に「豚インフルのワクチンの注射針の針先にナノ粒子が付けられている」と教えられた。なお、ワクチン製造薬品会社のバクスター・インターナショナルはウイーンに子会社がある。
その微粒子は肉眼では見えないが、12倍の顕微鏡のような低倍率のものでもはっきり見ることができるという。

女性によると、その薬品会社の社員たちは、このナノ粒子は人間の肉体の中で、コンピュータのマザーボードのような働きをして、多くのデータをこのナノ粒子に記憶することができるという。
これはまさに私デーヴィッド・アイクが何年にも渡って語ったり、文章にしてきた「人体は生物コンピュータで埋め込まれたチップによって外部から操作することができる」ということと合致している。

Hamer博士によると、その女性は自分も医療の分野で働いていて、自分の患者として来た弁護士に、チップを埋め込まれないようにすることは可能であるか尋ねたという。
弁護士の答えは、「自分は大衆にマイクロチップを埋め込むことは知っているし、『上流階級』の人々はほとんどがそれを知っている」という。また、「今年は、ワクチン接種を強制化する計画はなく、自発的にワクチン接種を受けるように働きかける」という。

「もし、ワクチン接種を行う人が少ないようなら、来年には接種を強制化するだろう」という。「『エリート』や政治家の一部は接種を免除され、自分は弁護士であるので接種を逃れる方法は知っている。しかし、ほとんどの国民は逃れることができない」という。

いまいましいことだが、われわれは、今後、それを見ることになるだろう。


posted by 狭依彦 at 22:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きたー!!!これだったのですね。
いよいよ魂のいくさ、というか。日本はまだ少し先なんでしょうけど、、。
Posted by kanchama at 2009年09月26日 23:47
勝手な推測で申し訳ないけど。
よく宇宙人に誘拐されて体の中に小さな金属を埋め込まれたって話し聞くけどこれと同じ技術なのかな?
Posted by おはつー at 2009年09月27日 00:33
『ヨハネ黙示録』より
また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。
また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。
ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。

この予言が成就するとすれば、ワクチンに言付けて埋め込まなくても、ID確認もしくは電子マネーとして埋め込まれるはずですが、どうでしょうか?
-----------------------
宇宙人に関しては、アイクは「人間は生物コンピュータで、電磁波とか化学薬品によってその情報の流れを乱すことでおかしくされ(病気)、コントロールされる。マイクロチップも同様の働きを持つ」と言っています。
マイクロチップは体内で、コンピュータウイルスやスパイウエアと同様な働きをするのでしょうね。
宇宙人がこの技術を使っているとすれば、宇宙人は人間が何であるかよく知っていることになりますね……
Posted by 狭依彦 at 2009年09月27日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。