2009年09月30日 Tweet It!

リスボン条約批准見込み

フランスはアイルランドのノーはヨーロッパの進歩を止めることはないと言明

フランスは次のように言明した。「もし、アイルランドのリスボン条約の国民投票でノーという結果が出ても、それがEUがさらなる統合に向かって歩を進めるさまたげとはならないだろう。」
フランスのヨーロッパ副大臣(France's state secretary for Europe)のPierre Lelloucheが9月28日月曜日、フランスのテレビで語ったところでは、「アイルランドの二度目の投票がどのようになろうとも、『解決策』は見つかり、ヨーロッパは進んでゆく。われわれには他の道はないのだ」という。

リスボン条約はすべての参加国の賛成がないと発効しない。
前回アイルランドが否決したが、今回は、アイルランドの社会が、ひどい不況に苦しみ、失業率が高く、失業の懸念が大きいため、国民は条約に賛成する見込みである。

元記事

リスボン条約

リスボン条約については、日本語の記事では例えば↑。
WIKIでも同じですが、ほんとうに日本語の解説は分からない。

1回目の否決を扱った記事

この条約が何であるか、日本人の私には、本当によく分かりません。
アイクさんの話のMP3を聞いていますが、アイスランドも経済危機に陥らされて、EU加盟することになったような話もあります。

アイクさんなどが否定を呼びかけているところを見ると、また、国が危機に陥り(たぶん、経済危機に陥らされた)苦しくなると、国民が賛成しなければならない条約?
もしEUが「まっとうな」組織であるとしても、そんな条約が人々を幸せにするのでしょうか?

私の周りでも、インフルワクチンが打てない模様であるので残念がっている人々がほとんどですが、リスボン条約もインフルワクチンと同じなのでしょうか?


posted by 狭依彦 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック