2009年10月02日 Tweet It!

米の世論調査

米ワクチン世論調査

9月2日から7日にかけて、アメリカで電話でインフルワクチンについての世論調査が行われ、1500名以上の人の回答があった。

回答した親の2/3が子供のワクチン接種を拒否するか保留すると答えている。
50パーセントがワクチンの副作用の懸念があるため接種を保留するという。
35パーセントが必ず接種させるという。

43パーセントが子供がH1N1にかかる事をそれほど心配していないというし、同じくらいが他の親は過剰反応していると言っている。

この世論調査は3パーセントの誤差が見込まれている。

元記事

だから、オネエサンが腕まくりして、「問題ないでしょ」とやらなければならないわけだ!


posted by 狭依彦 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。