2009年10月06日 Tweet It!

子宮頸がん脳損傷残す

子宮頸がんの注射を受けた後、10代の少女に脳損傷

問題となっている子宮頸がんの予防注射を受け、数日して癲癇性の発作に襲われ脳損傷が残った10代の少女がある。
この少女はStacey Jonesと言い、現在18歳で、17歳の当時、予防注射を受けて数日で最初の発作に襲われた。
その後、数週間で少女は数回の発作を起こし、その結果重度の脳損傷が残った。少女はリハビリ施設に通い、日常の単純な動作の訓練を受けているという。

元記事

これで、何人目でしょうか?


posted by 狭依彦 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。