2009年10月08日 Tweet It!

薬物運転路上検査

(英)北ウエルズで道路検問でドラッグ検査の実験を行う

北ウエルズの警察が「薬物分析器」の製造企業Concatenoの強力を得て、ドライバーの血液中の薬物チェックが可能となった。
これを使った検問により、ドラッグを使用して運転をしている割合を当局が得ることができることになる。
現行法では、このドラッグテストは法律に規定されていないので、ドライバーは拒否することができる。
政府首脳は運転者の血液中に非合法ドラッグが発見された場合に違反とするような規則を新設する計画がある。
同様の実験は、過去、飲酒運転取締りでも行われており、実験後、法律が改正され、検査器機が導入された。

元記事

道路検問で血液検査を行うわけですね。
DNAはデータベースに登録。ってことはないですよね?
最近、道路にもカメラか何か知らないけれど、増えてきているようだし、DNA登録も何か口実を作って始める計画が、まあ、自由日本、あるはずがないか……


posted by 狭依彦 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。