2009年10月15日 Tweet It!

テレビと子供の発達

オーストラリア:2歳以下の幼児にテレビ禁止

オーストラリアのガイドラインでは、幼児時代早期にテレビに曝されることで、言語の発達が遅れたり、集中する能力が阻害されたり、肥満症になったりする可能性があるとされている。
勧告では2歳から5歳の子供は一日1時間以上テレビを見ないようにとある。

元記事

私の両親も、朝から晩までテレビを大きな音で付けています。犬の「ダイスケ君」などを喜んで見ています。
家でも、テレビの前に座るのが団欒になっているようにも思えますが、さて、これからどうなるか?


posted by 狭依彦 at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!
テレビの話題ではないのですが、Wimaxについて(ちょっとは関係性ないかなと・・・)
日本ではどういう風にとらえられているのですか?皆さん大歓迎とか?これは携帯どころではないようですね。スウェーデンのテレビは初めてwimaxの危険性を放送したとか。http://www.engadget.com/2006/06/12/swedes-hit-hard-by-wimax-waves/#comments
南フランスの山の中にもwimaxはしのんできて、先日反対運動に行ってきましたが、全く相手にされていないという感じです。環境汚染もこれで確固たるモノに仕上がる、というところでしょうか?


Posted by 夏羽 at 2009年10月16日 18:35
お久しぶりです。

私は新技術にはうとい方で、Wimaxはほとんど聞きませんね。
危険性についても、そんなことを言っている人はあるのでしょうか?
というところです。
日本は「特殊な」携帯王国だそうですので、コンピュータを使った移動通信が盛んになるかは読めませんね。
Posted by 狭依彦 at 2009年10月16日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。