2009年10月16日 Tweet It!

ノーベル賞委員会まとまらず

ノーベル賞委員会の多数が「オバマの受賞に反対した」

ノルウエーのタブロイド紙Verdens Gang (VG) の火曜日の記事によると、ノルウエーのノーベル賞委員会の5名の委員のうち3名がノーベル平和賞が米オバマ大統領に与えれらることに反対していたという。
「VGは多くのニュースソースと話して、ノーベル賞委員会の多数が、最初は、バラーク・オバマに平和賞を与えようとは決めていなかったことを確認した」と、同紙に出ている。

オバマを選ぶに当っては、労働党の議員である委員長のThorbjoern JaglandとSissel Roenbeckが強く押したという。

そして、最後には全会一致となったという。

元記事

どこかから、強い指令があったとは報道できないですわね……


posted by 狭依彦 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。