2009年10月19日 Tweet It!

独首相特別製ワクチン

ドイツの首相、閣僚は、効果を弱めたウイルスを含まない(Without Soft Kill Ingredients)特別のワクチンを打つ

批評家たちは、ワクチンの添加物が頭痛や発熱などの予防注射副作用反応を強くする可能性があると問題にしている。
ドイツ政府のエリートと軍隊はバクスター社の添加物の入っていないワクチンであるCelvapanを打つことになる
一方、庶民の方は、添加物が入ったGlaxoSmithKline社のワクチンを接種する。

Paul Ehrlich研究所の職員も、また、添加物無しのワクチンを接種する。
研究所の所長であるJohannes Löwerが8月に、ワクチンはウイルスよりもより悪性の副作用を引き起こす可能性があると語った。
Löwerの発言の前には、ドイツの肺の専門家Wolfgang Wodargがワクチンはガンのリスクを増やすといっている。
訳自信なし
The nutrient solution for the vaccine consists of cancerous cells from animals
ワクチンの栄養溶剤は動物のがん細胞からなっている。

元記事

「効果のある」ワクチンが存在するのでしょうか。
バクスター製ですから「ある」のでしょう。
オバマがメキシコで豚インフルで死ぬ博物館員と接触した際も、その前に、「効果のある」ワクチンを打っていたのしょうか?
鳩山さんはそのワクチン貰えるのでしょうか?
小沢さんは?岡田さんは?


posted by 狭依彦 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。