2009年10月23日 Tweet It!

ワクチン真っ盛り

心配のためのワクチン?薬品会社がワクチンを沢山無理に進めている真の理由

ニコチン中毒のワクチンが新しくできた。他にも薬物中毒の薬がある。
エイズのワクチンもある(これは効かないが)し、少年男子に使うことが認められた子宮頸がんのワクチンがある(少年には子宮頸部はないのに)。
薬品産業を通して、ものすごいワクチンの押し売りが真っ盛りだ!

しかし、正確には、その理由は何なのか?
今新たに、ワクチンでの治療が必要なエピデミック疾病のラッシュになっているのだろうか?
いや、そうではない。新しいのは、巨大薬品会社がこれらの疾病を薬を沢山売る新しい機会を手に入れたそのやり方である。

元記事

いろいろなワクチンがあるものです。
posted by 狭依彦 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。