2009年10月28日 Tweet It!

尖っていない注射針

豚インフルワクチンには尖っていない注射針を使う

アムステルダム−豚インフルのワクチンを注射するのに使う注射針は尖っていないと、Medical Contactのオンライン版で家庭医のJan Takkenが語っている。
「患者に注射するとき、そのために、汚くかんに触るような感覚を起こさせる」と同医師は語る。

オランダ家庭医協会では、スポークスマンが季節性インフルエンザワクチンでは通常の注射針を使うのに対して、豚インフルでは違う針が使われていることを確認した。
「このワクチンに対して特別に開発された注射針である」とオランダワクチン研究所のスポークスマンは説明している。

(アイク)
報道されているように豚インフルワクチンのために特別に開発された注射針。ナノ・テクノロジーのマイクロチップを先端に埋め込み、「豚インフル」の予防注射をする人皆に、チップが挿入されるのか?


元記事


posted by 狭依彦 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。