2009年11月02日 Tweet It!

ウクライナの新伝染病

バクスター・インターナショナルはウクライナで生物兵器をばら撒いたか?

Moshe氏の話では、ウクライナのバクスター研究所は、まさに、この生物兵器を作っていた。この話はすべて8月の初めにあったことで、現在起こっている状況の2ヶ月以上も前のことである。
Moshe氏は新しい伝染病がばら撒かれるであろう国を正しく名指ししたが、これは、内部情報からか、もしくは驚くべき偶然からか、どちらだろう。そんなことは統計的な基礎知識がある人なら誰でも分かる話だ。

ウクライナでは8月の時点では、豚インフルの患者はほとんど出ておらず、10月30日の時点で、「先週の金曜日までに豚インフルは2件起きていて、死者は出ていない」と公式に報道していた。
この致死的な伝染病はウクライナではどこからともなく沸いて出たようである。

ウクライナ政府は病気が広がるのを防ぐために、国民の移動を禁止したいようだ。
----------------------
ウクライナの症状

Lvivでインフルのため5人が亡くなった、4人が男性1人は女性である。これは緊急美容院の医長Myron Borysevychの話である。
死者のうち2名は22-35歳の年齢層である、他の2名は60歳以上である。医者はこの病気をウイルス性肺炎と診断した。

ウイルス検査は1週間から2週間続けられた。検査は複雑でLvivでは行われなかった。
この病気の進行はとても早い。
症状は非常な高熱と短いセキである。

6人の若者の死者は重症のhemmorhagic肺炎の症状があった。
病気は最初はゆっくりと起こる、熱が37.2 – 37.3度くらいになる、軽いセキと、関節痛がある。
鼻カタルが2日目から3日目の終わりに進行する。
死亡解剖では、肺の出血がひどいとロシアの医者は語った。

元記事


日本でも報道されているようです。 例えばこれ

これについては、これから日本でもバンバン報道されるでしょうね。
当然ながら、このサイトで紹介した情報は入らないでしょうが……

メキシコの時と情報の感じが似ています。
「悪性になる」との警告はいろいろな所から出ていましたが、それが現実化したのでしょうか?
いえいえ、それを現実化させたのでは……


posted by 狭依彦 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。