2009年11月04日 Tweet It!

ウクライナ医師4名死亡

ウクライナで4人の医者が死亡。同国の隠蔽工作が疑われる。

ウクライナのTernopolとLvov地域で4人の医者が死亡した。A型H1N1の予防・治療作戦本部で日曜日に行われた会議の席上で保健相のVasily Knyazevichが発表した。
この4人の医療関係者が4人死亡した件については、西ウクライナの2箇所で起こったという。

政府のウエブサイトでは、全部で53名の死亡していることになっているが、53名というのは医療関係者が4人死亡した割りにはかなり少ないものであろう。
医療関係者は患者からの感染を最小限に留める訓練を受けていて、すぐに治療を受けることができる。それでも、既に4名が死亡している。この数字はウクライナの混乱を増大させるものだ。

元記事

ウクライナの件については、日本のマスコミで報道されていないようです。
本日、昼に検索したところ、GOOGLEでは大手の報道はないようでした。ちなみに、私の記事が15ページ目。私の記事をリンクしたものが11ページ目にありました。私のサイトはGOOGLEに嫌われているようですが……
YAHOOでは2番目に出ているそうです。

これまでの記事がガセネタであるといけないので、調べたら、たぶん25万人の感染と60名以上の死亡、入院が15,000人は間違いないようです。また、豚インフルで死亡したと思われるのが20余名で、後の人たちはインフルエンザ様の病気で死亡していることは確かなようです。ただし、ウクライナ政府は、豚インフル以外は季節性インフルで死亡したと主張しているようです。
空中散布の記事だけは、現地の人の記事のようで、よく分かりません。


BBCの記事

○ウクライナでは、255,000人のインフルエンザ感染、強い呼吸器の疾病が4,600万人の国民の間で起こっている。60名以上の死亡したと信じられ、入院が15,000人あるという。

○ウクライナの保健相のVasily Knyazevichは、大衆の不安を煽り立てるような誤解させる記事が続いたので、マスコミに対して医療の専門家のコメントだけを報道するように要求した。

○WHOはウクライナでは豚インフルのアウトブレークを示唆するものはない。しかし、ウクライナを援助するためチームを派遣することに同意した。

○ウクライナ大統領は国際的な援助を求めた。

○ウクライナでは与党と野党が今度の選挙をにらんで、今回のインフルエンザを選挙の争点にしようと競っている。


posted by 狭依彦 at 22:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かりづらくてすみませんでした。
googleで「ウクライナ ウイルス」で検索すると、現在二番目です。
一番目は、昨日の時点ではヤフーのヘッドライン(確か時事ドットコム経由)でした。
Posted by kudoking at 2009年11月05日 22:18
ありがとうございます。
この件についてはすぐ勘違いをしてしまいます。
それは、数年前、GOOGLEがポリシーを変更する前までは、私の出口王仁三郎のサイトが「GOOGLE外し」に会っていたことを、すぐ、思い出すからです。
GOOGLEに問い合わせても「技術的な問題」というだけでした。
それで、その時、「自分は正しいことをやっている」と、思い至りましたが……
Posted by 狭依彦 at 2009年11月05日 22:59
大手に嫌われるのは大抵正しいですね(^^)
Posted by kanchama at 2009年11月06日 00:44
わたしはその出口王仁三郎のサイトも拝見していたと思いますが、なぜグーグルから外されるのか、理解に苦しみますね。
Posted by kudoking at 2009年11月06日 22:30
それは分からず仕舞でしたね。Googleがポリシーを変えてからは外されているとはさほど感じなくなりました。
Posted by 狭依彦 at 2009年11月06日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。