2009年11月09日 Tweet It!

ウクライナ続報

WHOはウソを続ける:ウクライナの疫病は豚インフルであると決め付ける(11/7 日曜日)

WHOはウクライナのパンデミックに関して、おおざっぱな仮説を発表して、世界を騙し続けている。
伝染性と死亡率において大きな違いがあるにもかかわらず、WHOは火曜日に「ウクライナで猛威を振るっていると伝えられるインフルエンザのケースの大半は豚インフルのウイルスが原因であると仮定するのが妥当である」と発表した。

WHOには尊重すべきところなど何もない。
ガラクタ科学と矛盾で実際の豚インフルのケースを覆い隠し、今や彼らのウソの作戦はフェーズ2に入った。つまり、より致死的なインフルエンザの株を同じH1N1豚インフルウイルスであると、世界に信じさせることだ。

WHOは、ウクライナのアウトブレークは、冬の季節に北半球で、特に東ヨーロッパで見られるような保健状態の下で、豚インフルのウイルスがどのように振舞うかを示しているのだろうと言う。

元記事


posted by 狭依彦 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。