2009年11月09日 Tweet It!

オランダワクチン停止

オランダ赤ちゃんが3人死亡でプフィッツァーのワクチン停止(11月7日土曜日

オランダ当局はプフィッツァー社のワクチンの使用を禁止したという。ワクチンを接種後2週間以内に3人の赤ちゃんが死亡したからだという。
「赤ん坊がワクチンを接種して、年間平均で5名から10名の死亡がある」とオランダ保健当局の女性スポークスマンは語った。

元記事

ワクチン、結構死亡があるのですね。これは、あまり発表されないだろう数字だけれど、豚インフルワクチンを擁護するために発表されたのでしょうか?
もしくは、オランダの情報開示は進んでいる?


posted by 狭依彦 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。