2009年11月13日 Tweet It!

プーチン

プーチンのロシア−−イルミナティの支配と腐敗

西側の人々はマスメディアに与えられたラ色のガラスの向こうからプーチンとロシアを見ている。しかし、現実はバラ色ではない。

エリツィン治世のギャング行為や無政府状態の後、人々は「強い手」を望んだ。その結果、プーチンの登場となった。
最初は皆が懐疑的であった。半年の間に、プーチンはあまり知られていない官僚から首相、大統領へと登りつめた。プーチンはエリツィン本人から指名されたのだ。

プーチンとは何者だろう?
元KGB職員。セント・ペテルブルグの普通の労働者の家に生まれた。母親はユダヤ人であった。
プーチンが権力の座に着いたとき次のように語った。「大掃除をしなければならない」
KGBはFSBという新しい名前を付けられた。FSBはロシア語から英語への訳で、Federal Security Service(連邦セキュリティサービス)の略語だ。
FSBはロシアのキーワードだ。このキーは腐敗を表している。その理由はFSBが支配しているからだ。

元記事

元KGBがロシアを支配しているということでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。