2009年11月18日 Tweet It!

ウクライナ続報

ウクライナのインフルに対する情報は、WHOがイギリスでDNAの型を調べることになっているが、全く発表がない。WHOは11月3日以降、ウクライナに関する情報は出していない。

現在では、約300名が死亡、65,000人が入院している。

このウイルスは、世界的に広まっているH1N1豚インフルが攻撃的に変異したか、現在ウクライナでは豚インフルと季節性のインフル2種で計3種がはやっており、これらが結合したもののどちらかだと、ウクライナ政府は考えている。

この「スーパー・インフル」は肺の細胞を破壊し、出血が大量で、自分の血液でおぼれてしまうという、ウイルス性ヘモロハジック肺炎と言ってもよいという研究者もある。

マスコミはウクライナの衛生状態が悪く、普通のインフルがひどくなっているだけだという説を流している。

元記事

ウクライナの現状を伝えるブログ(英語)

情報がないところが怖いですね。


posted by 狭依彦 at 00:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本でも、ニュースとか聞いてる限りでは インフルで亡くなってる方は「肺炎」と言われてることが多かった気がします・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年11月18日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。