2009年11月20日 Tweet It!

ローマクラブと中国一人っ子政策

中国の一人っ子政策の立案者は、一般的な常識とは違い、ローマクラブであった。

ローマクラブは、地球が直面している問題を解決するには、出生率を下げるか、死亡率を上げるかのどちらかだと考えていた。

元記事

ということは、中国の一人っ子政策は、ユージェニクスの実行であったわけです。
そんな風に考えたことはなかったな……

ユージェクニスについては、ずっと昔、田中光二の『ダイオフ』という小説を読んでから、「政府が国を存続させるために国民を殺す」というイメージがずっと私の心にこびりついています。
この小説、吐き気がするように感じられたものです。
もちろん、当時は陰謀論者ではありませんでした。



posted by 狭依彦 at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊性・肉体破壊陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。