2009年12月01日 Tweet It!

クリントンの娘婚約

アメリカの借金の半分はFRBのせいだ

今日、チェルシア・クリントンがゴールドマンサックスに勤めるユダヤ人銀行家Marc Mezvinskyと婚約した。これは、アメリカが婚姻、お金、ルシファーへの愛によって結び付けられているイルミナティの一族によって支配されていることを思い出させてくれる。
権力の源泉はFRBで、それは米政府のクレジットカードをちょろまかして納税者の借金を数兆ドルに膨れ上がらせ、政治家やうまくやってゆくに足る人々を買収するために使われる。

元記事

クリントンが大統領のとき、モニカに○○ジョブをやってもらっていた事件のとき、このチェルシアさんは少女だったですよね。
この当時は、私も、陰謀論も知らず、英語の勉強で、モニカの家の前に据え付けられていたWEBカメラの映像を見ていたことを思い出します。
○○ジョブくらいいいやんか(と考えていたかどうかは不明)

上の記事の上2行には日本のメディアには載っていない情報があります。な〜あんだ?


posted by 狭依彦 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック