2009年12月06日 Tweet It!

BPA赤ん坊9割から検出

BPAが新生児の9割から検出

WIKI日本語

水曜日に発表された研究では、検査対象となった10人中9人の赤ん坊から体内にビスフェノールAが検出された。これにより、BPAの禁止を求める声がまた沸き起こるだろう。
BPAは合成エストロゲンとして開発されたが、乳がんや前立腺がん、認知や行動問題、生殖障害、心臓病、糖尿病、ぜんそくや肥満などに関係しているとされる。

学者や医療関係者はこの化学薬品を禁止するよう求めたが、米食品医薬品局はBPAはすべてのユーザに対して安全であると宣言した。化学薬品業界に資金提供をうけた実験2件に基づいたこの決定は今レビューされているところだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。