2009年12月09日 Tweet It!

独からワクチンプレゼント

ウクライナがドイツで拒否された豚インフル注射を譲り受ける

ドイツ政府は豚インフルのワクチンをウクライナやその他の国に譲る計画をしている。
これは、ドイツでは政府の水増しした結果から見ても、国民の5パーセントしか未試験のワクチン注射を受けていないからだ。また、医療関係者は15パーセントが受けているだけだ。

保健相のPhilip Röslerの話では、ウクライナはPandemrix注射を220万回分受け取る可能性があるという。このPandemrixは生物薬品データベースではEUと米国の規制者が生物兵器に分類されているものである。

元記事

「データベースで生物兵器」というところが良く分かりません。元記事もこれだけしかありません。

ウクライナの人が福岡マラソンで走っていましたね。
ウクライナのインフル、どうなっているのですかね。
このサイトで取り上げたことがみんなデマで、ただの豚インフルだったということであれば、それはそれでウクライナの人たちにも、世界にとっても良かったのでしょう……


posted by 狭依彦 at 22:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ときどき寄らせてもらっています。
某有名ブログに免疫力を高めインフルエンザにかからないようにするための食品が出ていました。
少しでもインフルエンザにかからぬよう自衛しましょうとコピペ。長くてすみません。

>ここで、読者の為に成る情報としましては、最近のコメント欄で私が勧めている、善玉菌に関する薬では無い商品が2つ(エビ尾君とパン楽子)ほどありました。この2つの併用が非常に有効だと、神霊が示したからです。
実は、これがインフルエンザの研究所では公表できない、隠された事実だと言う投稿を関係者から数件も頂いております。ヤクOト(乳酸菌シロタ株)の製品などもズバリだそうです。
なぜ言えないのか? 株価への影響や、個人企業を応援する結果は、どんなに人命に有効なものでも公表できないそうです。
私の感応では、今のインフルエンザは日々「進化する」細菌兵器です。半年、1年前の菌を元に造られたワクチンが有効だとは全然感じません。
私の予測では、数カ月間の進化する停滞期間を経た後に、さらに強化されたインフルエンザが出現するパターンを繰り返して行くと感じます。
予防は善玉菌のサプリで良いですが(かなり有効。感染し難い)、感染してしまった場合は医師に従って下さい。高熱の問題があるからです。医師が勧める薬を服用することが大事です。もちろん、サプリも併用してです。
読者に有効な情報は、開示して行きたいと思います。
Posted by at 2009年12月12日 22:47
アイクやAJでは、ビタミンDがいいと言っていますね。
それで私が調べたら、「ミロ」が良さそうなんですが、牛乳に溶かして作らなければならないので、まだ試していません。
Posted by 狭依彦 at 2009年12月13日 09:54
もー狭依彦さん早く飲んで飲んでぇー
インフルエンザにかかっちゃいやですよん。
私はワカモト買って来たましたし、最近ヨーグルと
食べ始めました。ナニの匂いが減った減ったw
Posted by at 2009年12月15日 17:56
ワカモトのどっちですか?消化剤、整腸剤、胃腸薬?
これなら飲めそうです。
Posted by 狭依彦 at 2009年12月15日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。