2009年12月20日 Tweet It!

自閉症の子供が増えている

自閉症がここ4年間だけで57パーセントも増えている

子供の自閉症がここ4年間だけで57パーセントも増えている、CDCが本日発表した。
2006年度終盤までには、アメリカの8歳児の110人に一人が自閉症であると診断された。少年では70人に1人、少女では315人に1人の割合で、男性は5倍程度リスクが高い。

「20年前には5000人に1人であった。今は100人に1人。これは本当に信じがたいような増え方だ」と自閉症権利擁護団体のAutism Speaksの代表職員のGeraldine Dawson博士は語る。

元記事

症状は同じでも、医者に行く機会が多く、自閉症と診断されることが多くなったということも考えられるけれど、いろいろなルートから体内に入る化学薬品などの影響も考えられますね。


posted by 狭依彦 at 10:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは自閉症診断のボーダーラインを、
取り払ったに等しいと言われています。
目的は、治療と称して、ある薬?を飲ませるためです。
日本の医療は西洋べったりなので、日本ではどうなのでしょうか。

Posted by 五次元 at 2009年12月20日 14:54
ありがとうございます。いろいろあるのですね。
Posted by 狭依彦 at 2009年12月20日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。