2009年12月20日 Tweet It!

米の援助

オバマはイスラエルへの300億ドルの供与の一部を贈る

米オバマ大統領は今週2010年対外援助予算法にサインをした。
この中にはイスラエルへの安全保障援助としての約27億ドルも含まれている。
これはイスラエルへ送られる予算としては2年目のものであり、今後10年間で300億ドルとなる予定だ。

認められた予算では、初めて5億ドルがパレスチナ政府に与えられる。そこにはアメリカの将軍Keith Daytonによるパレスチナ治安部隊の訓練費用1億ドルが含まれている。
パレスチナ向けの援助の条件は、アメリカの納税者のお金が、「米国、ロシア、EU、国連」のインターナショナル・カルテットを受け入れているパレスチナ政府に向けてだけなされること。また、イスラエルを認めること、暴力を非難すること、イスラエルと結ばれ以前の合意を受け入れることなどである。

元記事


posted by 狭依彦 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック